甜茶は花粉症サプリメントの代表的なものです

甜茶を飲んで花粉症対策

甜茶に含まれている甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)には、
アレルギーを抑える力があるといわれています。

  

甜茶を飲んで花粉症対策


甜茶とは中国の甘いお茶で、植物学上のお茶とは異なる木の葉から作られた甘いお茶の総称であり、古くからある薬草茶のひとつです。

中国では多くの幸せを願い、旧正月に甜茶を飲む習慣があるようです。

甜茶に含まれている甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)には、アレルギーを抑える力があるといわれています。それで喘息やアレルギー性鼻炎、花粉症などの人が飲むと改善されます。

花粉症を引き起こすものは、そのアレルゲン、すなわち抗原が元です。花粉などの抗原が体内に入り込んだ場合、抗体という免疫物質と結びついて体に良くない作用が抑えられます。そうするとヒスタミンなどの化学物質が出現し、くしゃみ、鼻水などアレルギー症状が出ることになるのです。

花粉症に甜茶が良いと言われているのは、甜茶懸鈎子が含有されているからです。甜茶懸鈎子にはポリフェノールが含まれていますが、これが粘膜の炎症を抑えるのです。それでヒスタミンの放出は抑えられ、抗ヒスタミン作用があるとわかってきています。

こんなヒスタミンの抑制効果がある甜茶は、花粉症に悩む人の助けになると、大いに期待されているのです。また甜茶は飲んでも副作用がないため、安心して花粉症対策のために飲むことができます。

甜茶の特徴と効能


甜茶の特徴は上品な甘さで飽きが無く、後味がよい所です。

甜茶は薬と違い、1年中飲んでも何も害はありません。カフェインは含まれていないので、寝る前でも気にせず飲むことができ、妊娠中授乳中でも大丈夫です。副作用を気にすることもなく、安心してお子様やお年寄りにも勧められます。

ミネラルのバランスがとれているお茶で、体内に吸収されやすくなっており、体質改善につながります。

甜茶には喘息などのアレルギーや、花粉症に効くとも言われているのです。中国南部、広西省というところに自生している甜葉懸鈎子が甜茶の原料で、バラ科キイチゴ属の植物です。甜葉懸鈎子にはアレルギー症状を改善する力のある甜茶ポリフェノールが含まれており、これがアトピー性皮膚炎や花粉症などに効果を発揮します。

アレルギー症状を引き起こす原因であるのはヒスタミンなどの化学物質です。このような化学物質の分泌を抑え、炎症を起こさないようにする力もあるのが甜茶ポリフェノールで、バラ科キイチゴ属の甜葉懸鈎子だけに含まれています。

こんな甜葉懸鈎子から作られている甜茶を春先だけといわず、1年中飲んでみましょう。それで花粉症などを起こさない体を作ることができるでしょう。

甜茶の正しい飲み方


甜茶の正しい飲み方を紹介します。

沸騰したお湯で3〜5分間に出すこと、これが甜茶の有効成分、ポリフェノールを十分に抽出するためのポイントになります。ポリフェノールの抽出の度合いは、甜茶の甘みの強さと比例していると考えたらいいでしょう。

花粉症の対策として甜茶を利用する場合、飲むのは花粉が実際に飛び始める2週間前くらいから飲むといいでしょう。朝昼夜と最低1日に3回以上飲むと効果があります。ただし花粉が飛び始めてから飲み始めても効果はあまり期待は出来ません。

甜茶を煮出す際に、クコの実を入れてみるのもいいでしょう。また甜茶の葉をフライパンで炒り、粉末状にして直接水で服用するのもひとつの法方です。

甜茶に含まれる甘みのあるエキスは、ルブサイドと呼ばれる甘み成分なのです。この成分にはくしゃみ、鼻水や涙目などのアレルギー症状を抑える力があるといわれており、今注目されているのです。空腹時に飲むと、吸収がよくなってより効果を高めるようです。甜茶のエキスの甘味は自然な甘さで、カロリーはとても少ないので、ダイエットにも効果的です。

バラ科の甜茶


花粉症の症状を和らげることのできるサプリメントには、どういうものがあるでしょうか。

サプリメントと聞くと、カプセルを思い浮かべる人が多いと思いますが、ハーブティ、ドリンク剤、ヨーグルトなどもサプリメントと呼ばれています。

花粉症の症状を和らげるサプリメントを紹介しましょう。花粉症のサプリメントを摂取してみて花粉症の症状がやわらいだら、自分にとってとても有効的な花粉症サプリメントと言えるでしょう。良いといわれる花粉症サプリメントを数種類組み合わせて摂ってみるのもいいでしょう。花粉症サプリメントは薬と違い、副作用の心配がないので、薬に抵抗がある人にはお勧めです。

甜茶は花粉症サプリメントの代表的なもので、ヒスタミンなどの化学物質の過剰な分泌を抑えてくれ、鼻の炎症を抑え、咳を鎮めます。花粉症に効果的なのはバラ科の甜茶だけです。バラ科の甜茶のみが持つGODポリフェノールが効果的な働きをします。

シソも花粉症サプリメントであり、シソの葉の黄色色素のルテオリンが、鼻みず、鼻づまりを抑えてくれます。しそ科のはーぶであるミントやローズマリーなども、同じように効果的な働きをします。

乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌の働きで腸内環境を整えることで、体内の免疫機能を高め、侵入してきた花粉をスムーズに排出することができ、花粉症のアレルギー症状を抑えることができるのです。

Copyright (C) 2017 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system