加圧ダイエットは、体に適度な圧力をかけるダイエットです。

加圧ダイエットって?

加圧ダイエットでは、
運動によって脂肪が燃焼されダイエット効果をもたらすように、
圧力をかけて筋肉が運動した時のようなコンディションにします。

  

色々なダイエットが世の中にはありますが、その中の1つに加圧ダイエットというものがあります。

加圧とは、圧迫するなどの方法圧力をかけることです。加圧ダイエットは、体に適度な圧力をかけるダイエットです。加圧ダイエットでは、運動によって脂肪が燃焼されダイエット効果をもたらすように、圧力をかけて筋肉が運動した時のようなコンディションにします。

適切な加圧を行うことによって、それほどきつい運動でなくてもダイエットが可能で、成長ホルモンも促進されます。筋肉や骨などの成長を促進させて体脂肪を分解する作用のある成長ホルモンが、加圧により分泌されて、筋肉をつけて太りにくい体を作るというダイエット効果が期待できます。

残念ながら、成長ホルモンは年と共に少なくなりますので、睡眠時や運動後に作られる量は段々限られていきます。そのため、成長ホルモンを作りやすくするためには、ある程度の運動が求められます。

本来なら激しい運動が必要なところ、加圧ダイエットならば短時間で運動と同等の結果を得られます。さほどきつくないよう気をつけつつ、適切な圧力を腕や足に加えることが加圧ダイエットです。圧力を加えるためには、加圧ダイエット用に作られた専用のベルトを使います。指先の抹消にある血管まで血液を十分に通し新陳代謝を促進するために、いい力加減で圧迫を腕や太ももに加え、適度に血液の流れをおさえつけるという仕組みです。

成長ホルモンの分泌が増えるということは、脂肪を燃焼させる効果、肌の弾力を高めたりする効果が期待されます。加圧ダイエットはダイエットだけでなくアンチエイジングの効果も期待されます。

加圧によるダイエット効果


効果的なダイエットに、加圧ダイエットがあります。

加圧ダイエットは、軽い負荷で筋力をアップさせる効果が期待出来ます。体が辛くなるような運動をしなくても、十分なダイエット効果があるのもメリットといえます。

食事制限のダイエットとは違い、加圧ダイエットは体を鍛えながらダイエットできるので、健康にも良いのがメリットです。加圧の効果により血行促進され、冷え性や肩こりの改善にも効果があるようです。

加圧ダイエットにより血流が良くなると、成長ホルモンが促進されるのもポイントです。この成長ホルモンによって、張りのある美しい肌と丈夫な骨を作ることが期待されます。血液にのって多量の成長ホルモンが体全体に運ばれると、脂肪細胞に作用して脂肪を分解し、体の老化を遅くするので、アンチエイジングに大きな効果が期待されるのです。

この他にも、加圧ダイエットの効果はあります。宇宙航空開発機構などでは、宇宙に出る人たちの筋肉の衰えを防ぐための加圧が研究されています。また、リハビリの場で採用されてもいます。このように、加圧はダイエットだけでなく、トレーニングとしての効果も期待されているのです。

この頃では、スポーツ選手でも加圧効果を利用する人が増えています。加圧には医学的、生理学的な面からのメリットも研究されているところなのです。ダイエットにも役に立つ加圧ですが、体に意図的に圧力をかけるということはダイエットの範疇を越えて多くのメリットをもたらす素晴らしい方法かもしれません。

加圧ダイエットのメカニズムと注意点


どういった点に注意して加圧ダイエットをすることで、より効果を得られるものなのでしょう。また加圧ダイエットには注意すべきどんな点があるのでしょうか。

乳酸は、加圧ダイエットのポイントの1つです。加圧ダイエットでは、ベルトによって筋肉に適切な圧力を加えます。加圧された筋肉は疲労物質である乳酸が分泌されますが、ベルトで締められているので出口がないまま溜め込まれます。

乳酸は、筋肉に存在する受容体に影響を与えます。受容体は、決まった刺激受け取り、決まった反応を示す部位です。受容体は乳酸の作用によって成長ホルモンを出す作用を作ります。これが加圧ダイエットの原理です。

成長ホルモンの血中濃度が通常トレーニングに比べて、約10倍にもなるのです。安静時の290倍にもなるそうです。このような驚くべき効果をもたらすものが、加圧ダイエットです。再生能力をダイエットに活用するというスタンスが、加圧ダイエットの基本的な考え方といえます。

加圧ダイエットは、加圧ベルトを使用し、血流などを制限しながら行うダイエットですので、一人で行う際は注意が必要です。加圧ダイエットの仕組みを深く知らないままに、何となくフィーリングで装着をしても、加圧ダイエットのダイエット効果がないばかりか、体に負担をかける恐れもあります。

加圧ダイエットの注意点は、ろくに知識のない段階で何となくで行ってしまわず、専門家の助けを借りて取り組むべきことであるということです。
Copyright (C) 2017 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system