行政書士業務は、社会のニーズが高まっています。

行政書士試験対策

行政書士は
市民と官公署とをつなぐ法律と実務のスペシャリスト。

  

行政書士とは

仕事は多種多様! 市民と官公署とをつなぐ法律と実務のスペシャリストです。

行政書士は、行政書士法に基づき行政機関に提出する許認可申請書類等や契約書・遺言書等の「権利義務、事実証明に関する書類」に作成・代理などの許認可申請代理、相談業務を行います。

行政事務が多様化する中で、社会的ニーズが高まっている将来性の高い存在です。

行政書士の業務範囲

行政書士の業務範囲は広く、活躍の場は多様にあります。つまり自分の得意分野を活かして働くことができる、やりがいのある仕事なのです。

○国際法務事務
○建設業許可申請
○相続業務
○風俗営業許可申請
など。

行政書士の資格は、会社の倒産、リストラなどの予想外のピンチの際、あなたを守る強力な武器となります。また独立開業ができる資格の中でも、「比較的取得しやすい」・「業務範囲が広い」・「開業時に資金が少なくて済む」などの点から、人気の高い資格です。

資格試験ガイド1

受験制限なし! 初心者でも、きちんと準備すれば取得できる!
行政書士には、年齢、学歴、国籍などの受験制限がなく、実務経験も必要ありません。

また選択肢から正解を選ぶ問題が中心なので、解答しやすく、各科目ごとの基準点をクリアした上で、合計で60%以上得点すれば合格できます。人数制限もないので、他人を気にする必要もありません!


○試験時期
毎年1回11月第2日曜日

○受験資格
年齢・性別・学歴・国籍に関係なく、どなたでも受験できます。
公務員として一定の期間以上行政事務を担当した方等は、試験を受けなくても行政書士になれる場合があります。

○受験手続
試験日の4ヵ月位前に試験要項が発表されるので、(財)行政書士試験センター等に試験案内を請求し、指示に従い申込みします。
○試験科目

法令等:憲法、行政法、民法、商法、基礎法学の中から46問出題されます。
一般知識等:政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解から14問出題されます。

○受験料
7,000円(平成21年度試験)

○詳細情報
(財)行政書士試験研究センターのホームページ
http://gyosei-shiken.or.jp/

行政書士試験合格率


年度 申込者 受験者 合格者 合格率
H16年度 93,923 78,683 4,196 5.33
H17年度 89,276 74,762 1,961 2.62
H18年度 88,163 70,713 3,385 4.79
H19年度 81,710 65,157 5,631 8.64
H20年度 79,590 63,907 4,133 6.47
H21年度 83,819

○オススメ
行政書士 試験 起死回生マニュアル!
行政書士 試験 にわずか147日で合格した極意!
平成22年度の行政書士試験勉強はスタートしました。
ラクラクゴロ合わせ・最強のマインドセットコース


Copyright (C) 2009 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system