アンチエイジングという言葉を最近よく耳にします。

こだわりぬいた
無添加の美容液

今、美容業界で注目の成分“EGF”を含んだ無添加の美容液
ノーベル賞を受賞したこの成分はお肌の生まれ変わりを実現し
あなたの肌を潤いのあるスベスベ肌に変身させます。

  

EGFのアンチエイジング効果


アンチエイジングとは、外面の美容以外に、体の中の老化抑制も含めた、広い意味での予防のことを指します。アンチエイジングは、アンチ(抵抗する)+エイジング(加齢)で、『加齢現象に抵抗する』という意味になります。

EGFは、肌の細胞の生成を促す因子です。EGFを肌に補う事で肌の細胞の生成を促し、加齢と共に衰えてくる肌細胞の代謝を正常な状態に近づける働きがあるといわれています。肌の細胞はいつも同じものがあるわけではありません。だいたい4週間で新しい細胞に入れ替わっています。しかし、年をとってくるとこの入れ替わりが上手く働かなくなり、段々遅くなってくるのです。肌の再生を促進し、肌をよみがえらせ、肌をアンチエイジング、肌の老化を防ぎましょう。

肌の質は人それぞれですが、肌が新しい細胞に生まれ変わって、その役割を果たしているのは誰もが同じことです。他の化粧水や美容液とは違った効果があるということです。肌のアンチエイジングに興味のある人は、EGFを試してみてはいかがでしょうか。

EGFで気軽にアンチエイジング


気軽にアンチエイジングできると、現在EGF配合化粧品が多数販売されています。

日本では2005年に厚生労働省から化粧品に利用できる許可がおり、EGF配合のアンチエイジングに有効なスキンケア商品が生まれました。開発当時は1g あたり8千万円もした高額な成分が、現在ではアンチエイジングに効果のある化粧品として、手軽に手に入れることができるようになりました。

EGF配合化粧品は様々なものがあるそうですが、気軽にアンチエイジングできるものが多いです。少しでも興味があるなら、一度試してみることをおすすめします。EGF配合化粧品には、美容液、ゲル、クリームなどがあるそうです。価格は安いものから高いものまで様々ですので、自分に合ったものを選びましょう。

EGF配合化粧品には、EGFのほかにもアンチエイジングに効果のある成分が入っていることが多いです。成分にこだわり、無添加のものもあるそうですよ。開発当初は数少なかったEGF配合化粧品ですが、アンチエイジングという言葉をよく耳にする現在では、本当にたくさんの種類のEGF配合化粧品があるそうです。

迷ってしまうかもしれませんが、気軽にアンチエイジングできるといった点ではとても嬉しいことですね。

EGFとノーベル賞


EGF配合の化粧品は現在、多数発売されています。製品や製品説明に「ノーベル賞受賞成分EGF」と書かれているのをよく見かけませんか。

インターネットでEGFを調べても「EGF」と「ノーベル賞」という言葉が一緒に出てくることが多いです。EGFは、1962年にアメリカの生理学者スタンレー・コーエン博士が発見し、そのことでコーエン博士はノーベル賞を受賞しました。発見当初は1gあたり8千万円という高額な価格でした。

日本では2005年に厚生労働省から化粧品に利用できる許可がおり、現在では価格も2万円以内で買えるものがたくさんあるそうです。

EGFは絶大なる効果からも人気がありましが、ノーベル賞成分であるということが人気を高めているのは確かでしょう。ノーベル賞という言葉で、どんな成分なのか試してみたいと思いませんか。さらに、ノーベル賞受賞成分と効くだけで、初めてEGFを使用するにあたって安心感があるそうですよね。

現在アンチエイジングに効果のある成分はたくさん開発されており、どれが本当に効くのか不安な人も多いと思います。ですので、販売側もEGF配合化粧品に「ノーベル賞受賞成分EGF」という文句を付け加えるのでしょう。

まぶたたるみの予防とケア


まぶたのたるみの程度が軽く、たるみの原因が皮膚自体のたるみである場合には、たるみは日常のケアで改善をはかることができます。

老化対策を行い、肌のアンチエイジングにも努力すれば、まぶたにたるみを寄せ付けることがありません。

まぶたのたるみをケアするための化粧品としては、アイケアクリームや眼の下専用のパックなどがあります。肌のハリを少しでも取り戻すようにすると、まぶたのたるみは軽減するので、目じりやまぶたに美容液を塗りこんで保湿成分を与えましょう。

またまぶたの周りをマッサージすることで、まぶたのたるみは解消できたり予防することも可能です。マッサージされるとまぶたのたるみ部分が刺激されるので、血行が促進されて改善されるのです。朝晩のマッサージを1分間ほど行い、そのあとさらに眼の周りを指の腹でタッピングすると、より効果的です。

マッサージの仕方は、目じりからまぶたのたるみを通って鼻までの間を、中指と薬指でなぞるようにします。再びまぶたを通って目じりに戻り、目じりから頬を通ってあごの辺りまでマッサージをしましょう。

年齢のせいで肌が老化するだけでなく、紫外線の刺激も肌を老化させます。紫外線の刺激で肌成分のコラーゲンやエラスチンが壊されると、肌の弾力が落ちてしまい、ケアしなければ治りません。紫外線の刺激でまぶたのたるみをひどくさせないように、たとえ冬でも紫外線をカットする化粧品などは必要です。

Copyright (C) 2017 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system